介護

襲いかかる腎臓病は食事で撃退|継続は力なり

負担をかけない食べ物

食事

クレアチニンの数値

腎臓病の患者は、食事で塩分を控える必要があります。塩分濃度の高い味付けの濃い食事は、腎臓病の症状を悪化させてしまいます。さらにたんぱく質の摂り過ぎもよくありません。高脂質の食事も控えるべきで、腎臓への負担を増加させない食事をする必要があります。食事が病気の進行と深いつながりをもっているため、治療には食事療法が欠かせません。腎臓病になると、腎臓のろ過機能のはたらきが弱くなり、血液中の不純物がしっかりとろ過されません。じゅうぶんに血液を濾過できないため、血液中に老廃物が溜まったままになってしまいます。老廃物の値を表すクレアチニンの数値で、ろ過機能のはたらきがどの程度なのかを知ることができます。数値は、血液検査によって計測できます。

制限がかかります

食事療法は、クレアチニンの数値によって内容がプランニングされます。軽度と重度では、塩分、たんぱく質、脂質の摂取量における制限基準が変わってきます。重度に陥ると、味付けに厳密な計算と計測が必要になってきますので、食事内容が一変することも珍しくありません。加えて水分の制限をする場合もあります。食品が含む水分も考慮して食事を作る必要も出てきます。症状によっては、水分や塩分と関係の深いカリウム量を制限することもあります。このように、腎臓病の食事療法には、さまざまな制限が必要です。調理の手間はかなり大きく、ある程度専門的な知識も必要になってきます。食事療法を円滑にするためには、腎臓病対応の宅配食を利用する方法もあります。

Copyright© 2016 襲いかかる腎臓病は食事で撃退|継続は力なり All Rights Reserved.