お年寄り

襲いかかる腎臓病は食事で撃退|継続は力なり

血液を綺麗に

介護

腎臓は、血液の中の老廃物や毒素を取り除いてくれます。また体の中の水分やホルモンの調整もしてくれているのです。腎臓病になってしまうと他の臓器も弱ってしまうことから全身病なのです。腎臓病は食事療法しか治す方法がないのです。

読んでみよう

続けることが大切

食事

宅配や治療用特殊食品も

腎臓の働きで最もよく知られているのは、体内の老廃物を排出するということです。他にも、血液を作ったり、血圧を調整したり、強い骨を作ったりという働きも担っています。腎臓病にかかってしまうと、それらの機能が低下してしまいます。それによって体内の老廃物を排出するのが難しくなるので、摂取する食事の量を抑えることが必要です。ですので、腎臓病の治療には食事療法が欠かせません。病気の種類や症状によって個人差がありますが、タンパク質と塩分の摂り過ぎには要注意です。しかし、食事は毎日のことなので、いつも完璧にこなすことは難しいでしょう。腎臓病食の宅配や、治療用特殊食品なども上手に利用していくことで、無理なく続けましょう。継続は力なりです。

エネルギー不足にも注意

食事療法の注意点としては、総エネルギーが減少しないように気を付けるということが挙げられます。タンパク質や塩分の摂取を控えていると、今まで食べていた食事に比べ物足りなく感じ、食欲が落ちることもあります。エネルギーが不足しても、腎臓に負担がかかってしまいます。そんな場合には、油や砂糖、でんぷん類を上手に使用すると、無理なくエネルギーを摂取できます。減塩醤油や減塩味噌は、腎臓病の食事療法を行うにあたって強い味方になってくれますが、これらを使用する時にも注意が必要です。塩分の含有量が少ないといっても、使う量が多いと塩分の摂取量はもちろん多くなってしまいます。減塩だからと思わずに、使用量を守って使いましょう。食事療法は大変ですが、とても効果があり体に負担なくできる治療法です。

負担をかけない食べ物

食事

内臓がなんらかの病気になってしまった際には、食事への工夫が重要となります。腎臓病に冒されてしまった方は、塩分とタンパク質を抑えた食事を食べる食事療法に取り組むと良いでしょう。

読んでみよう

食事から改善する方法

老人

腎臓病の症状を抑えていくには食事療法が必要不可欠になっています。宅配サービスを利用すれば、家族の負担や患者自身の負担も少なく済みます。おいしいメニューが多いので、患者自身も食事を楽しむことができるでしょう。

読んでみよう

Copyright© 2016 襲いかかる腎臓病は食事で撃退|継続は力なり All Rights Reserved.